当院で使用しているインプラントの種類

抜歯即時埋入法とは、抜歯をしたと同時にインプラントを埋める方法です。また、 腫れ、痛みがでにくいといわれています。 埋入法をするには、術者に高度な技術がです。ブラインドで処置をしないといけないために多くの経験及び、技術が必要とされます。

スプリットクレスト法とは、インプラントを骨に埋め込む際に、骨の高さはあるが、骨の厚みがない場合に行う方法です。骨の一番高さのある部分に、ノミのような器具を用いてインプ ラントを埋め込むための溝を形成し、くさびのように骨を横に押し広げ、広がってできた骨と骨の間にインプラントを埋めます。

上顎の奥歯の歯を失うと、サイナスと呼ばれる上顎骨の空洞が接近している場合があります。 そのためインプラントを入れるための骨が不足している場合、サイナス(上顎洞)と呼ばれるスペースに人工骨や自分の骨を移植し上顎の奥歯相当部に骨を増やし、インプラント治療を行うというものです。

Haインプラントとチタンインプラントの違い
Haインプラント
骨に埋める部分の表面がHaでコーティングされたものが Haインプラントです。
当院においては抜歯即時埋入法、スプリットクレスト、ソケットリフトを手術の際におもに使用します。
チタンインプラント
インプラント体の表面形状がチタンだけで構成されているものがチタンインプラントです。
当院においては、既存骨に埋入する際におもに使用します。

お問い合わせ、ご予約はメールにて